• LINEで送る
  • シェア
  • ツイート
  • はてブ
  • Google+
  • iPhoneの電源がつかない!入らない!起動しない!考えれる原因と修理方法

    皆さんは1日のうち、どれぐらいiPhoneを利用しているでしょうか?

    日本人の1日の平均スマホ利用時間は3時間程度と言われています。

    こう聞くと少なく感じるかもしれませんが、学校や仕事の時間、睡眠時間を差し引くとかなりの割合になりますね。通話やメールはもちろん、SNSやネットサーフィン、動画視聴の他、カメラでの撮影など、利用シーンは多岐にわたり、iPhoneは現代人の生活の一部と言っても過言ではありません。

    そんなiPhoneの電源がいきなり入らなくなってしまったり、起動しなくなったら、非常に困ったことになります。

    大事な連絡が来ているかもと不安になったり、スケジュールを確認できなくなってしまったり…。
    筆者にも経験がありますが、普段どれだけiPhoneを頼りにしているか身に沁みてわかります。

    さらに、ただ電源が入らなくなるだけでなく、iPhoneが発熱するような場合は要注意!すぐに対処が必要になったりもします。

    この記事では、「突然iPhoneが起動しなくなった」、「電源がつかなくなった」という症状が起こった際に考えられる原因と修理方法をご紹介します。

    原因を知ることによって取れる対処法も変わってくるので、ご参考になればと思います。

     

     

    ▼関連情報:iPhoneの電源がつかない!起動しない!などの故障に関するお役立ち情報はこちらもご覧下さい。

    iPhoneの動作不良の修理について詳しくはこちら

     

    iPhoneの電源がつかない故障の修理について、今すぐお問い合わせはこちらから

    ※iPhone修理専門「スマートドクタープロ」の修理時間や修理料金について、お近くの店舗情報など、お気軽にお問い合わせください。

     

     

    1,iPhoneの電源がつかない!入らない!起動しない!考えられる原因とは?

    iPhoneの電源がつかない!入らない!起動しない!考えられる原因とは?

    それでは、まず最初に「iPhoneの電源がつかなくなった時、起動しない時、そんな時に考えられる原因」からご紹介していきたいと思います。

    最初にもお話ししましたが、iPhoneの電源がつかなくなる原因は様々。

    電源がつかなくなるという表れ方は同じですが、原因は大きく2種類にわけることができます。

     

    ●システム的な不具合が生じているソフトウェアの問題
    ●部品や基板の故障が原因のハードウェアの問題

     

    この段落では、以上を前提にした上で、iPhoneの電源が入らなくなる原因を詳しく解説していきましょう。

     

    (1)システム的な不具合が生じているソフトウェアの問題で電源がつかない

    まずは原因の1つ目「ソフトウェア編」から見ていきましょう。

    ソフトウェアの故障は自宅で対処できる可能性がある症状でもあります。

    対処法については次の段落でご説明しますが、ここでは原因のご説明です。

     

    1,アップデートの失敗

    ソフトウェアの原因でiPhoneの電源がつかなくなったとご相談いただく時、1番多いのが「アップデートの失敗」です。

    iPhoneは定期的にiOSの更新を要求されます。

    新機能の追加やバグの修正を行う為に必要な作業ですが、何らかの要因でアップデートに失敗すると電源が入らなくなる場合があります。

    よくある例としては、Wi-Fiを利用してアップデートをしている途中でWi-Fi接続が切れてしまったというもの。

    まったく電源がつかなくなったり、以下のようなiTuneマーク・コンセントマーク等と呼ばれる画面が表示されて起動しなくなるという症状の原因がこちらであることも多いですね。

    iTuneマーク・コンセントマーク等と呼ばれる画面が表示されて起動しなくなるという症状

     

    2,iPhone自体のスペックの低下

    ソフトウェアの問題でiPhoneの電源がつかなくなった場合、原因を1つに特定するのは難しいところですが、一因としては「スペックの低下」が挙げられます。

    iPhone本体が年々高額になっている為、またキャリアでの契約(2年縛り)などで今までよりも長期間同じiPhoneを使用する方が増えています。

    もちろん3年、4年と問題なく使えることもありますが、酷使すれば壊れやすくなるのはiPhoneに限りません。

    この場合はいわば電化製品としての寿命とも言える原因で、残念ながら有効な対処法がありません。

    後にご紹介する対処法で一時的に改善しても繰り返し同じように電源がつかなくなることもあるので、データがなくなってしまうことのないよう、日頃からバックアップを取っておくことが大切です。

     

    (2)部品や基板の故障が原因のハードウェアの問題で電源がつかない

    次は物理的な故障、「ハードウェア」の問題です。

    突然iPhoneの電源がつかなくなる理由としては、ソフトウェアの問題よりこちらが原因のことが多く見られます。

     

    1,バッテリーの故障

    ハードウェアの問題で最もメジャーな原因がバッテリーの故障です。

    バッテリーの故障によってiPhone内部で電力が供給されなくなった場合、当然iPhoneは起動しなくなります。故障するようなことはしてないのに…と疑問に思うかもしれませんが、バッテリーは消耗品でもあるので、日常の使用でも劣化していきます。

    なお、バッテリーの故障はiPhoneの故障の中でももっとも多いジャンルのひとつです。そのため、以下の情報も合わせて確認しておいてください。

     

    ▶参考情報:iPhoneのバッテリーが膨張、本体が発熱している場合

    このような症状がでたら、すぐにでも修理が必要です。バッテリー膨張についてはこちらの記事で詳しく解説していますのでご覧ください。

    【発火!爆発!危険です】iPhoneのバッテリーが膨張した時!急ぎ修理が必要です!

    iPhoneのバッテリー交換修理について詳しくはこちら

     

    2,充電コネクタの故障

    充電コネクタ・ライトニングコネクタの故障です。

    充電の差し込み口が壊れて充電ができなくなったというパターンですね。

    充電コネクタの修理については以下の情報を参考にご覧下さい。

     

    ▶参考情報:iPhoneの充電コネクタが故障している場合

    iPhoneの充電コネクタ修理について詳しくはこちら

     

    3,水濡れ・水没

    上の2つの部品故障と重なる部分もありますが、故障の原因として水没もありえます。

    水没した直後は平気に見えても、数日・数週間経ってから症状として現れる場合があるのが厄介な所です。完全に水に浸かった訳ではなくても、お風呂場など湿気が多い場所で使用しただけでもiPhone内部に水分が侵入することがあります。

    iPhone7以降の防水とされる機種でも、長期間使用していると防水性能が落ちてくるので注意が必要。

    なお、水没による故障もiPhoneの故障の中でも多いジャンルのひとつです。そのため、以下の情報も合わせて確認しておいてください。

     

    ▶参考情報:iPhoneが水没して故障している場合

    iPhoneの水没修理について詳しくはこちら

     

    4,液晶画面の故障

    極稀なことですが、「電源は入っているけど、画面がつかなくて電源が入っているとわからなかった」ということも。

    サイレントマナーに設定しているとこのようなこともあります。

    正確には「iPhoneの電源がつかない原因」ではありませんが、よく似た症状の為ご紹介しておきました。

     

    以上、iPhoneの電源がつかない、入らない、起動しない場合に考えられる原因でした。

    続いて、対処法について解説していきます。

     

    iPhoneの電源がつかない故障の修理について、今すぐお問い合わせはこちらから

    ※iPhone修理専門「スマートドクタープロ」の修理時間や修理料金について、お近くの店舗情報など、お気軽にお問い合わせください。

     

    2,iPhoneの電源がつかない時、起動しない時、その場でできる対処法とは?

    iPhoneの電源がつかない時、起動しない時、その場でできる対処法とは?

    ここでは、iPhoneの電源が急につかなくなった時、起動しない時に、修理の前に「いざという時にその場でできる対処法」をご紹介しておきます。

     

    (1)再起動をしてみる。

    iPhoneの再起動を行うことで、電源が入るようになることがあります。

    再起動の方法はiPhoneの世代によって違いますので、以下をご覧ください。

     

    ●iPhone8、iPhone8Plus、iPhoneXの場合

    1,ボリュームボタン(+)を1度押す
    2,ボリュームボタン(-)を1度押す
    3,サイドボタン(電源ボタン)を画面表示が消えるまで長押しする

     

    ●iPhone7、iPhone7Plusの場合

    ボリュームボタン(-)とサイドボタン(電源ボタン)を同時に長押し

     

    ●iPhone6s,iPhone6sPlus以前の場合

    ホームボタンとサイドボタン(電源ボタン)を同時に長押し

     

     

    (2)「iTunes」でiPhoneの復元を行う

    再起動で直らなかった場合、端末の復元を試してみます。

    ※データが消えてしまう方法の為、最後の手段です。「データが消えてしまうのがどうしても嫌!」という方は、iPhoneの電源がつかなくなった時点で、「iPhone修理の専門スマートドクタープロ」までお問い合わせください。

     

    1,iPhoneをPCに接続する。
    2,「iTunes」を起動する。
    3,「iTunes」で接続しているiPhoneを選択し、「iPhoneを復元」のボタンをクリックする。

     

    ちなみに、前の段落の「4,液晶画面の故障」の場合、PCに接続すると問題なく認識するので見分ける為にも一度「iTunes」に接続してみてください。

     

    以上の方法でiPhoneが無事起動してくれれば解決です。

    改善しない場合は、次の「3,iPhoneの電源がつかない時の修理方法」をご覧ください。

     

    iPhoneの電源がつかない故障の修理について、今すぐお問い合わせはこちらから

    ※iPhone修理専門「スマートドクタープロ」の修理時間や修理料金について、お近くの店舗情報など、お気軽にお問い合わせください。

     

    3,iPhoneの電源がつかない時、起動しない時の正しい修理方法

    iPhoneの電源がつかない時、起動しない時の正しい修理方法

    前の段落、「iPhoneの電源がつかない時、起動しない時、その場でできる対処法とは?」で改善しなかった場合は、残念ですが修理が必要になります。

    ここでは、「iPhoneの電源がつかない時、起動しない時の正しい修理方法」についてご紹介します。

    「1,iPhoneの電源がつかない!入らない!起動しない!考えられる原因とは?」で紹介したように、iPhoneの電源がつかない場合は、「ハードウェア」の故障が多いです。

    それでは、正しい修理方法について見ていきましょう。

     

    (1)街の修理屋さん「総務省登録修理業者のスマートドクタープロ」で部品の交換

    「バッテリー」や「充電コネクタ」の故障の場合、パーツの交換を行う必要があります。

    ハードウェア故障もソフトウェア故障も同じですが、iPhoneの電源がつかなくなった場合は、外から見ただけでは原因の特定は難しいでしょう。

    iPhone修理の専門「スマートドクタープロ」では、電源がつかなくなったiPhoneを点検し、必要な部品だけを交換することができます。

    部品の交換で症状が改善する場合、即日修理の短時間で、大切なiPhoneのデータはそのままでご利用いただけます。

     

    (2)メーカー「Apple」・キャリアショップ「Softbank、docomo、au」での修理

    iPhoneの製造販売、サポートを行うメーカー「Apple」や、iPhoneを購入したキャリアショップ(au・docomo・softbankなど)でも修理を受けることができます。

    ただし、iPhoneの電源が入らない場合は修理ではなく「本体交換」になってしまいます。

    故障したiPhoneを「整備品」という新しいiPhoneと交換するので、「iPhoneがボロボロだしラッキー」と思ってしまいがちですが、料金は機種によっては6万円以上と高額になることが多く、iPhone内部のデータは必ず消えてしまいます。

    保証に入っている方や、バックアップを普段から取っていてデータが必要ない場合は選択肢に入る修理法ですね。

     

    (3)周辺機器の見直し

    修理法とは少し違いますが、充電できないという場合は周辺機器を見直すのも有効です。

    たとえば充電ケーブルに不具合がある場合、iPhoneに接続しても思うように充電してくれません。iPhoneの電源が入らなくなったからといって、iPhoneに原因があるとは限りません。

    他にもPCのUSBポート(充電ケーブルの差し込み口)を替えてみる、別のPCに接続してみる等、色々試してみるうちに原因がわかることもあります。

     

    ▶参考情報:「iPhoneの充電ができない時の原因と正しい修理方法」について詳しくはこちらをご覧ください。

     

    以上のような修理方法がありますので、iPhoneの電源がつかなくなった際は、この記事をご覧いただき参考にしていただけたらと思います。

     

    iPhoneの電源がつかない故障の修理について、今すぐお問い合わせはこちらから

    ※iPhone修理専門「スマートドクタープロ」の修理時間や修理料金について、お近くの店舗情報など、お気軽にお問い合わせください。

     

    4,まとめ

    今回は「iPhoneの電源がつかない!入らない!起動しない!考えれる原因と修理方法」についてご説明してきました。

    ご参考になりましたでしょうか?

    突然起こるiPhoneのトラブルには、どうしても慌ててしまいがちです。電源がつかなくなってしまった時は、この記事の内容がお役に立てれば幸いです。

    それでは、簡単にこの記事のまとめておきます。

     

    ●iPhoneの電源がつかなくなる原因は「物理的故障」と「システム面の不具合」の2通り
    ●自宅でできる対処法もある
    ●直らない場合はiPhone修理専門の「スマートドクタープロ」に持ち込みを!

     

    お読み頂きありがとうございました。

     

     

    記事作成日:2018年10月16日
    記事作成者:iPhone修理専門 スマートドクタープロ 

     

  • LINEで送る
  • シェア
  • ツイート
  • はてブ
  • Google+