iPhone7Plus修理メニュー

iPhone7Plus
データそのままで修理OK!/即日修理(約30分〜)OK!/年間「6万件」以上の修理実績!
スマートドクタープロは総務省登録修理業者です/ISO9001認証の取得世界基準の品質管理/PSEマーク表示法令順守/Pマーク取得個人情報を徹底管理

iPhone7 Plusの
修理メニューと修理料金

スマートドクタープロの「iPhone7Plus(アイフォン7プラス)」の画面割れ(ガラス割れ)や、液晶表示不具合、バッテリー交換、水没修理、カメラ修理、ホームボタンなど各種ボタン修理、充電コネクタ修理など、全取扱い修理メニューと修理料金、また修理にかかる時間(即日修理)のご案内です。お持ちの「iPhone7Plus(アイフォン7 プラス)」でお困りの症状を下記から選び、詳しい修理内容と修理料金をご覧下さい。

説明文を開く

水没による復旧修理

水没による復旧修理

iPhone7 Plusを水に落とし電源が入らなくなった、連日お風呂に持ち込み使用していたら挙動がおかしくなったなどの場合は内部を洗浄し復旧修理を試みます。

修理料金:
¥ 6,000 〜(税別)
修理時間:
約60分 <即日修理OK!>

カメラ修理(インカメラ・アウトカメラ)

カメラの修理

iPhone7Plusのカメラを起動した際に「ピントが合わなくなった」「ゴミのようなものが写る」といった動作不良から、「カメラが起動しなくなった」という症状まで修理します。

修理料金:
¥ 6,000 〜(税別)
修理時間:
約30分 <即日修理OK!>

スリープ(電源)&ボリュームボタンの修理

スリープ(電源)&ボリュームボタンの修理

iPhone7Plusのスリープボタン(電源)が効かない、リブート(再起動)ができない、音量調節ができない、クリック感がなくなった(押し心地がおかしくなった)などの症状を修理します。

修理料金:
¥ 6,000 〜(税別)
修理時間:
約60分 <即日修理OK!>

ホームボタンの修理

ホームボタンの修理

iPhone7Plusのホームボタンが効かない、ホームボタンの反応が悪いなどの症状を修理します。

修理料金:
¥ ASK 要お問い合わせ 〜(税別)
修理時間:
約--- <即日修理OK!>

スピーカーの修理

スピーカーの修理

iPhone7 Plusでの通話時に相手の声が聞こえない・着信音が鳴らない・音楽が聴こえない・音が割れているなどの症状を修理します。

修理料金:
¥ 6,000 〜(税別)
修理時間:
約30分 <即日修理OK!>

充電コネクタの修理

充電コネクタの修理

iPhone7Plusを充電器に繋いでも認識されない、接触不良で充電が切れるなどの症状を修理します。通話相手に声が聴こえていない・マイクが使えない・反応しない等の症状もこちらの修理で改善します。

修理料金:
¥ 7,000 〜(税別)
修理時間:
約60分 <即日修理OK!>

バイブレーターの修理

バイブレーターの修理

iPhone7Plusのバイブレータが振動しない、ホームボタンのクリック感(振動)がないなどの症状を修理します。

修理料金:
¥ 6,000 〜(税別)
修理時間:
約30分 <即日修理OK!>

その他(動作不良)の修理

その他(動作不良)の修理

iPhone7Plusの動作がおかしい、思ったような動きにならないなど、その他さまざまな症状を修理します。

修理料金:
¥ 6,000 〜(税別)
修理時間:
約60分 <即日修理OK!>

お客様との大切なお約束

「スマートドクタープロ」は「徹底した法令順守」と「世界基準の品質提供」をお客様との大切なお約束として掲げています。iPhone7 Plusなどのスマホ端末の修理に対して、お客様に単に喜ばれるサービス提供を目指すだけではなく、大切なデータの宝庫であるスマホを安心してお使いいただきたいと「安心と安全な修理サービスの提供」を念頭に、業界のリーディングカンパニーとして取り組んでいます。

説明文を開く

「徹底した法令順守」と
「世界基準の品質提供」

スマートドクタープロでは、
「安心と安全な修理サービスの提供」
について、
徹底した取組みを行っていることを
お客様とお約束します。

国が定める厳しい基準をクリアした
「総務大臣登録の修理業者」

総務省

まだまだ一般的には知られていないのが現状ですが、スマホ修理には、総務省「登録修理業者制度」と呼ばれる法律があります。街の修理屋のほとんどがこの制度に登録できていない状況が、法律が施行されて3年が経過しても続いており、お客様の安全を脅かしています。そんな中、「法令施行後3年間で44社」しか業界の中で登録修理業者がいない状況で、スマートドクタープロは、街の修理屋の中ではじめて「登録修理業者」として総務大臣に登録されました。※最近の状況では古い機種1機種の1箇所の修理または旧機種を登録してその他全ての機種を登録しているように見せかける・総務省からの認可・認証などを謳い不当表示している登録業者もいますのでご注意ください。なおスマートドクタープロでは加盟店単位で法令遵守して、各店舗・各加盟店ごとに複数機種で総務省に登録しています。登録修理業者制度は1法人・個人ごとの登録が必要です。同じ店舗名で営業していても特定の店鋪だけしか登録していないケースもあり、消費者を誤認させている登録業者もございますのでご注意ください。消費者保護の観点から総務省に対しても改善の要求を出しておりますが一向に対策が追いついていないのが現状です。

詳細を開く

世界基準の品質提供のために
業界初!
「ISO9001認証を取得」

iPhone(アイフォン)修理をはじめとするスマホ修理において、最近様々な違法修理業者や違法修理における事故などが急増している中で、「スマートドクタープロ」では、業界のリーディングカンパニーとして、「安心と安全のサービス提供」を徹底して追求し続けています。
そのため、総務大臣に認められた「登録修理業者」として、世界基準の品質管理体制を構築するための「ISO9001認証」を取得、こちらも法律で決められている「電気用品安全法」に基づく「PSEマーク」の表示に対応、またお客様の大切な個人情報の取扱いについても「プライバシーマーク」を取得して、全てにおいて徹底した取組みを行っております。

スマートドクタープロは総務省登録修理業者です/ISO9001認証の取得世界基準の品質管理/PSEマーク表示法令順守/Pマーク取得個人情報を徹底管理
詳細を開く

iPhone7 Plus修理について
「安心の修理保証」の完備

スマートドクタープロで修理した箇所に限り3ヶ月間の修理保証
  • ※ 修理後の初期不調が発生した場合に対する保証です。
  • ※ 自己破損などの場合は保証対象外です。
  • ※ 保証期間は、保証書の日付より「3ヶ月間有効」です。
  • ※ 保証書は大切に保管して下さい。紛失の際は「修理保証」の対象外になりますのでご了承下さい。

「スマートドクタープロ」では、お客様の大切な「iPhone」や「Galaxy」、「Xperia」などのスマホ端末をはじめ、iPadなども含めた各種デバイスの画面割れ(ガラス割れ)修理に対して、安心して修理のご依頼を頂くために「3ヶ月間の修理保証」の制度を設けております。

世界基準の品質管理によるパーツと、年間6万件の修理実績を積み重ねてきた技術スタッフであっても、端末の修理後の「万が一」に備え、「液晶が映らない」、「表示がおかしい」等の症状が発生した場合は、端末と修理完了後にお渡しする「保証書」をお持ちいただくと、交換を行ったパーツについて「最大3ヶ月間の保証対応」を行っています。

保証対象は、「スマートドクタープロ」で修理、交換した箇所のパーツの不具合や初期不良に対してのみの保証とさせていただきます。その他、保証制度についての詳しい内容は、「安心の修理保証制度」の保証内容や注意事項などが掲載された以下の説明ページのをご覧下さい。

修理保証を開く

iPhone7 Plusのお役立ち情報

「スマートドクタープロ」ではお役立ち情報としてiPhone7 Plusの特徴・パーツをご紹介します。iPhone7 Plusはおサイフケータイの[FeliCa」チップが内蔵されていたり、防沫・耐水・防塵機能など今までのiPhoneには見られなかった機能が追加されています。さらに、イヤホンジャックをなくしBluetooth機能を使ったワイヤレスイヤホンに対応しています。

「iPhone7 Plus(アイフォン7 プラス)」の
機種&パーツ紹介

「iPhone7 Plus(アイフォン7 プラス)」のパーツ

1. 本体

Phone7 PlusのボディにはiPhone6sシリーズと同様、高硬度の「7000シリーズアルミニウム」が採用されています。新たなカラーバリエーションとして追加されたのは美しい光沢のジェットブラック、マット仕上げのブラック。さらに、これまでiPhoneでの導入はなかった赤いボディを持つ(PRODUCT)REDスペシャルエディションも一足遅れて追加されました。

iPhone7 Plusは、これまで熱望されていた防沫・耐水・防塵性能がついに搭載されたモデルとして発売されました。防水・防塵性能を表すIP67は、国際電気標準会議の定める保護等級。6等級の防塵性能と7等級の防水性能を持つことを表しています。耐塵における最高等級である6等級は耐塵型と呼ばれ、粉塵を内部に侵入させません。耐水に関する全8等級のうち7等級にあたる防浸型は、水中への浸漬に対する保護。これは「水深1メートルの水に30分間浸漬しても(30分間水没しても)有害な影響を受けない」ことを示しています。しかし、iPhone7 Plusは完全密閉構造、いわゆる「完全防水」ではないという点には注意が必要です。Apple社の公式アナウンスでは「防沫・耐水・防塵性能は永久的に持続するものではありません、通常の使用状態でも耐性が損なわれる場合があります。」とされており、水濡れによる損傷は保証対象外です。

通話や音楽再生を行う為の機構が必要な上、使用頻度の高いスマートフォンであることと、iPhoneのデザイン性を考えれば完全防水ではないことも頷ける話ではありますが、一般的には「iPhone7シリーズは防水である」と広く認識されているものの防水の程度にまでは注目されていないように思われます。

前述の通り水没による故障は保証対象外なので、耐水性能を過信するあまり積極的に水場での使用を行うのは危険です。スマートフォンを丁寧に扱うことが長く使い続けるコツだというのは、これまでと同様ですね。

2. ディスプレイ

401ppi、5.5インチ(1,920 x 1,080)と、サイズ・解像度ともにiPhone6sPlusと同様なため、一見すると進歩がないようにも感じられます。しかし、ディスプレイは色の再現性を高めるカラープロファイルを複数採用したことによってよりリアルなイメージを手に入れています。もちろん3D Touchにも対応しています。強度に関しても、従来のiPhoneより強化されています。

3. カメラ

従来よりもややサイズアップしたiSightカメラが搭載されました。レンズは6枚構成、1,200万画素、f値1.8、最大10倍のデジタルズームに対応、フラッシュも複数LEDを搭載していて、より明るく鮮明な写真が撮れるようになりました。光学式手ぶれ補正や、広色域キャプチャなどの新機能も搭載されています。フロントカメラはiPhone6sの500万画素から、700万画素になりました。

4. ホームボタン

物理的なホームボタンg廃止され、フロントパネルに埋め込まれた感圧(タッチ)式のホームボタンが採用されています。
指の圧力を反応よく感知するように設計されたボタンで、耐久性に優れています。新しいTaptic Engineと連携し、感圧式にも関わらず、ボタンを押した感覚が返ってくるため、今までと同じ感覚で使うことができます。指紋認証システムTouch IDもこれまで同様、指紋認証センサーを使いiPhoneのロックを簡単に解除できます。

5. イヤホン

iPhone7Plus よりイヤホン端子が廃止されました。これまで端子があった箇所はスピーカーとなり、ステレオスピーカーが実現、従来機種のモノラルスピーカーより大幅に進歩しました。音楽を聞いたり、ハンズフリーで通話する場合は新たに同梱されるLightning接続タイプの有線イヤホン「AirPods」か、3.5mmイヤホン端子アダプタを使ってLightning接続するか、選ぶことができます。

6. バッテリー

今回、搭載されたA10 Fusionチップは、iPhone6sPlusの最大2倍の速さで動作、5分の1の電力で動くなど、パフォーマンス性と効率性に優れています。そのためバッテリー駆動時間はiPhone6sPlusと比較すると、最長1時間長くなっています。 iPhone7 Plusに搭載されているA10 Fusionチップは周波数が2.33Ghzとなり、iPhone6sPlusと比較すると大幅に向上しています。

7 Apple Pay

今回、搭載されたA10 Fusionチップは、iPhone6sシリーズに搭載されているA9チップの最大2倍の速さで動作、5分の1の電力で動くなど、パフォーマンス性と効率性に優れています。A10 Fusionチップの実装によりバッテリー駆動時間はiPhone6s比較すると、最長2時間長くなっています。 iPhone7に搭載されているA10 Fusionチップは周波数が2.33Ghzとなり、iPhone6sPlusと比較すると大幅に向上しています。

iPhone7Plusの特徴:
iPhone7 Plusは切望されていた防沫・耐水・防塵性能性能が搭載。その他FeliCa対応や、イヤホンジャック廃止など大きく変化しました。

iPhone7 Plusの大きな特徴はそれまでなかった耐水、防沫・耐塵性能です。さらに、カメラを2基搭載したデュアルカメラモデルが採用されています。被写界深度エフェクトと呼ばれる新機能の搭載で、2つのカメラが捕らえた情報を利用して、人物をシャープに描写しながら背景を大きくぼかしたデジタル一眼で撮影したような写真を撮ることができます。

iPhone7の大きな特徴はそれまでなかった耐水、防沫・耐塵性能です。ホームボタンは物理的なボタンは廃止されフロントパネルに埋め込まれたタッチ式のホームボタンが採用され、耐久性も高く、高感度で圧力を感知するように設計されています。さらに電子決済が利用できるFeliCaに対応し、Appleの決済サービスApple Payを利用した仕組みで交通系ICカードをタッチする要領で電車が利用できるようになりました。
その他にも、イヤホン端子が廃止されたことでワイレスイヤホンを利用するかLightning端子に接続して利用するタイプのイヤホンを用いるか選択ができるようになっています。

詳細を開く

その他のiPhoneシリーズの修理メニュー

iPhone7 Plus(アイフォン7 プラス)以外のシリーズの「修理メニュー」や「修理料金」をご覧になりたい方は、以下よりご覧になりたい「iPhone(アイフォン)」のシリーズを選択してクリックして下さい。