テザリング解禁日!ソフトバンクのiPhone5での接続方法。

IMG_1550.PNG
12月15日、ついに本日 ソフトバンクのテザリングオプションが解禁されました!

現在は実質iPhone5のみの対応となっていますが、これでやっと外出先でも気軽にテザリングが使えますよ♪

WiFi版のiPadなど、3G回線の契約がないタブレットやMac・PCとの相性抜群。

ただし、月に7GBの通信量に達するとインターネットの速度制限がかかることもお忘れなく!


では、早速その接続方法をご紹介。
テザリングに必要な項目を確認していきましょう。

1,ソフトバンクのテザリングオプションに加入している。
テザリングオプションは月額制の有料オプションです。加入しているかの状況確認・申し込みはソフトバンクのページからできます。

2,ソフトバンクのキャリアアップデートで最新のものになっている。
こちらはつい先日テザリングオプション用にアップデートされました。
設定アプリから「一般」→「情報」→キャリアの項目が「13.2」になっているかを確認して下さい。
※詳しくはスマートドクター神戸三宮のスタッフブログでもご紹介しております。

さて、これでテザリングをする前の事前確認はOK!

設定アプリから「一般」→「モバイルデータ通信」→「インターネット共有」をオンにしましょう。


もし画像のようにwebの設定ページへの接続を促された場合
テザリングオプションに加入できていないか、もしくは加入情報がiPhoneに反映されていないため、一度電源をきりiPhoneを再起動してみましょう!

IMG_1552.jpeg
いざテザリング接続へ!
設定アプリからインターネット共有の項目を開くと画像のような画面に。

"Wi-Fiのパスワード" という項目に、テザリング接続で使用するパスワードを設定しましょう。
※ここで設定したパスワードを受信側の端末に入力することになるので、他人に推測されにくいパスワードを設定しておくことをお勧めします。

iPhone5側の設定はこれでOK!

テザリングにはWiFi接続Bluetooth接続・USB接続3種類があります。

接続したい端末によってどれを選ぶかが変わりますが、iPhone5側で意識する必要はありません。

あとは受信したい端末側で、ネットワーク「iPhone5」を選択し設定したパスワードを入力

かんたんですね〜♪



テザリングを試してみた結果
iPhone5のLTE通信環境で、iPad miniのWiFiモデルとBluetooth接続をしてみました。

高架下の屋内で、iPhone5上のアンテナバーは5本。

iPad mini側のアプリでSpeedtest Xを起動し計測した結果が以下です。

下り 7.83 Mb/s ・上り 1.26 Mb/s (計測回数5回の平均値)

外出先で通信をおこなうには充分のスピードですね!





IMG_1556.PNG
テザリング接続中はiPhone5の画面はこのように、ステータスバーの色が青くなり

接続しているデバイスの数などの情報が表示されます。

やはりテザリング使用中は頻繁に通信を行うので、バッテリーの消費がすこしはやく感じます。

画面をオフにした状態でも接続できるBluetooth接続がオススメですよ☆


その他、テザリング使用時の便利な小技
テザリングは単純にiPhone5側で受信した電波を飛ばす、いわばモバイルルーターのような役割のため、せっかく同じiOS同士でも受信するデータはネットワークのみ。

3G回線の契約がないWiFi版のiPadやiPodでもマップアプリなどで位置情報を使いたい!

そんな時にはiPhoneにTexaGPSというアプリを入れて、テザリング接続中に起動しておくだけ。

iPhoneで取得した位置情報もあわせて転送してくれるため、iPadの大画面で正確なマップ表示やルート案内が使えるようになっちゃいますよ♪

かなり便利なアプリなので、こちらのブログにも掲載させて頂きました。

あわせてチェックしてみて下さいね( ´∀`)/~~



▲ PAGETOP