「うわっ...私のiPhone遅すぎ...?」データ通信速度を制限されないために気をつける事5選

  • 2015年12月 4日

「全然ネットに繋がらねー!」

「会社から送られてきた書類を見たいのにダウンロードが進まない...」


PAK86_kusoyarareta20140125-thumb-1000xauto-16709 (1).jpg


などなど、こういったイライラを経験されたことは多々あるかと思います。

【繋がらない原因とは】

繋がらないにも理由があり、主に
1.使いすぎてキャリアから制限をかけられている。
2.周りにたくさんの人が通信をしている。
3.天気が悪い

が挙げられます。

2の周りにたくさんの人が通信をしている。
は、その通りですね。
ライブ会場や駅等で通信しようとすると、1つの基地局に通信が集まって回線が圧迫されます。

3も意外なことに、回線が遅くなる理由であるそうです。
高周波の電波を使用している現在は、僅かな天候の変化で影響を受けてしまうそうですね。


今回は
1.使いすぎてキャリアから制限をかけられている。
について触れていこうと思います。

各キャリアは使いすぎたユーザーには速度制限を与え、回線の品質を保っています。

パケット使い放題といっても、実はウラがあるということですねw

まずどのようにして現在の通信速度を確認するかを見て行きましょう。


【速度制限の確認・現在のデータ使用量確認】

・MySoftbankへログイン


20151112030127.jpg


MySoftbankでは過去や現在の電話料金、契約しているプラン確認や変更等、様々な事が出来ます。

このMySoftbankにログインしたら右上にある
「メニュー」を押し、下にスクロールすると
「ご利用のデータ通信量を確認する」欄があるのでタップ。

20151112030135.jpg

20151112030144.jpg


ここまで行くと、データ通信に関して色々なことができるようになります。

20151112030153.jpg

20151112030210.jpg

僕が使用しているソフトバンクは3日間の通信量合計が3GBの通信を超えると、速度を制限されてしまいます。
つい最近まで1GBを超えると制限が掛かってしまう状態だったので、かなり緩和されましたがそれでも油断すると超えてしまうので注意が必要です。

使用しているプランによっても、制限が異なります。
僕はずっとホワイトプランを使用しているのですが、このプランは1ヶ月で7GBの通信を使用すると月を跨ぐまで速度が制限されてしまいます。
現在はスマ放題等のプランが出てきましたが、こちらは通信量によって毎月の通信料が変わるので使い過ぎると所謂パケ死をしてしまいます。


【データの大きい通信には注意!】

「どれくらい使えばどのくらいの通信量になるかわからない!」
という方がほとんどだと思います。

主にデータが大きいサービスをまとめてみました。

①Youtube等の動画
②ストリーミング音楽等のサービス
③漫画等の電子書籍サービス
④大容量アプリのダウンロード
⑤LINE等で動画等を送受信する


などなど挙げるとキリがありませんが、上記をよく利用される方はすぐに制限が掛かってしまいます。

①の動画系がやはりたくさんの通信を行うので注意ですね。
動画によって画質等が異なるので前後はしますが、5分程の動画を閲覧するだけで90MB〜100MB程の通信が行われます。
この動画を10個程見るだけで1GBに近づきます。

最近よく見る②の音楽ストリーミングサービス。

apple-music.jpg

LINEMUSIC.jpg

eyecatch-awamusic.jpg

有名なところで
・Apple Music
・LINE Music
・AWA Music

等があります。
外出先でも音楽を楽しめるため、利用されている方は多いですね。

アプリ内で音質等の設定が可能なため、その設定等で通信量は変わりますが約5分ほどの音楽で
・Apple Music 約5MB
・LINE Music 約14MB
・AWA Music 約4.5MB

の通信を行います。

音楽は動画よりもさらにどんどんと聴いてしまうのであっという間に通信量は嵩んでいきます。

ちなみに僕が利用しているホワイトプランだと
・Apple Music 約1700曲 約110時間
・LINE Music 約600曲 約60時間
・AWA Music 約1730曲 約110時間

で7GBに到達し、制限がかかります。
いやーLINE Musicの通信量やばいですね・・・
1日1時間くらい聴くとアウトです。

各サービスにはオフライン再生やキャッシュ機能が搭載されているので、WiFi環境である程度準備をしておく必要がありますね。


③の電子書籍サービスも注意が必要です。
1冊あたり50〜100MB程になることもあり、次々と読んでしまいがちな漫画は危険です。
④に関しては、4G回線では100MBまでしかダウンロードが出来ないようになっていますが電源を切って再度立ち上げるという裏ワザで
100MB以上のアプリをダウンロード出来てしまうので、やり過ぎ注意ですね。

大容量すぎると1つのアプリで2GBなんてザラなので、気をつけましょうね。


⑤の動画等の送受信は結構やってしまいますね。
楽しかった旅行や出来事ってすぐにみんなに共有したいですもんね。

ほとんどの方が使用されているLINEは送信する際に注意喚起を促してきます。
無視して送りつづけると制限されます。


【まとめ】


free-wifi1.jpg


普段何気なく使っているサービスも、使い過ぎると料金が嵩んでしまったり、通信が遅くなって不便になってしまうこともあります。
これからもっともっと便利なサービスが使えるようになってくると思われますが、できるだけWiFi環境で使用していくことが望ましいですね。

最近はショッピングモールや電車でもWiFiを開放しているところもあり、外出先で大容量の通信を行う際は
こういったところを使用したいですね。

では良いiPhoneライフを♪




▲ PAGETOP