Twitterの新しい音楽サービス『Twtter #music』を試してみる。


IMG_2981.PNG
噂の新しいメディアプラットフォーム Twitter #music を試してみました。

Twitter #music 無料アプリ

Twitter #music ってなに?
Twitter を通じて新しい音楽やアーティストを発見・共有するサービスです。

フォローしているアーティストの公式アカウントから情報を取得し楽曲の試聴ができたり、#NowPlaying のハッシュタグから、フォローしている友達がどんな曲を聴いているのかなどをかんたんに見つけて聴いたり・・・というのができるようになります。

日本のAppStoreでも本日中にリリース予定とのことですが、このブログ投稿現在ではいまだストアにアプリは並んでいませんでした。

今回はAppStoreのUSアカウントを利用してアプリを入手しています。

Twitter #musicはウェブ版も公開されており、とにかくその機能を試してみたいという方はまずそちらを使ってみてもいいかもしれませんね。




では早速アプリをDLして起動!
アプリを起動するとまずは操作方法の説明画面があらわれます。

最後のページにSpotifyやrdioといった人気の楽曲配信サービスのアカウントと提携できるよう、ログインボタンがありますが、日本ではなじみの少ないサービスですよね・・・

どちらもアカウントを持っていない方は、スキップしちゃいましょう。

※このアプリで聴ける楽曲はあくまで試聴用に用意された短い音源ですが、上記の2つのアカウントどちらかを持っている場合、そのサービス経由でフルレングス視聴が可能になります。

海外の音楽配信サービスの場合、日本からだと登録やアクセスができない場合があるので、VPNなどを使ってあらかじめアカウントを取得しておくとアプリの機能を最大限に楽しめますね♪

IMG_2985.PNG
今回はTwitterアカウントとSpotifyのアカウントを繋げてみました。

アーティストの公式アカウントがずらっと表示され、見た目もカッコイイですね〜オン法

アプリの画面では5つのランキングタブがあります。

・Popular:人気の楽曲を一覧表示。
・Emerging:今後ブレイクしそうな期待の新人・注目楽曲を表示。
・Suggested:フォローしているアーティストや楽曲からのおすすめ表示。
・#NowPlaying:ハッシュタグ #NowPlayingでフォローしている人がつぶやいた楽曲を表示。
・Me:自分のTwitterアカウントでフォローしている公式アカウントなど表示。

といった感じでしょうか。

おそらくメニューの名前などは日本のAppStoreで配信されたときに、しっかりとローカライズされているかもしれません。

タイル状に表示されたアーティストの画像をタップすると、詳しい情報や楽曲の再生ができます。

もちろん、ここで再生した楽曲は自分のTwitterにシェアすることができます!

こうやって気になる楽曲や話題の曲を広めて繋がって・・・大きな輪ができそうですね♪





IMG_2986.PNG
画面左下のプレイヤーボタンを2回タップするとレコードプレイヤーの様なデザインの再生画面へ。

楽曲のジャケット画像がくるくるまわりながら、再生時間のインジケータがジャケットの中心からぐる〜っと進んでいきます。
この挙動がカッコイイんですが、実際見てもらった方がわかりやすいですね(;´∀`)

もちろんプレイヤーはミニサイズのまま視聴可能で、ランキングなどを閲覧しているときにはコンパクト表示にできます。

曲の情報画面では、楽曲のタイトル下部にその取得元が表示されています。

今回はSpotifyからデータを取得したようで、1曲まるまる視聴することができました☆

気になった曲はそのままiTunes Storeから購入できたりととっても便利ですが、日本でのサービスがはじまっていないぶん、やはり洋楽メイン・USのiTunes Storeアカウントを持っていないと最大限に有効活用することができないのが現段階での残念なところです・・・

洋楽好きな方、流行り物はすぐにチェックしておきたい人、海外の音楽配信サービスを普段から多用されている方などにはかなりオススメですね!

Twitter #musicでさらなるミュージックライフを愉しんじゃいましょう☆





▲ PAGETOP