日本未発売のWindows RTタブレット「Surface」を分解レポート!


写真 2.jpg
日本未発売のWindows RTタブレット「Microsoft Surface」。
iPhone・iPad・iPod。その他Andoroid端末を修理するスマートドクターも早速目をつけ、分解しちゃいました。

キーボードにもなるTouch Cover 付属の見た目には新鮮なイメージを受けます。

あくまでソフトウェアだけを手がけ、パソコン自体の開発・販売はパソコンメーカーに委ねてきたマイクロソフトが、自ら開発・販売する初めてのタブレット、内部構造はどうなっているのでしょうか?

それでは分解していきましょう!





写真 1.jpg
開閉時にカチッと動くスタンド「Kickstand」。
本体に付属する部分を極限まで削ぎ落したApple社のiPadとは対照的な作りですね。

ちなみに本体の重さは約680g。Touch Coverを含めて約890gなので、iPadにカバーをつけたものより少し重くなります。

ただし、iPadに外付けのキーボードをつけることを考えると、キーボード付きのSurfaceはかなり軽いと言えます。


まずはこのKickstandを取り外します。





写真 3.jpg
カチッと開くスタンドをパキッと外してみました。
この作業には特別に工具等も必要とせず、割と簡単に取っぱらうことができます。

落下の衝撃などで外れてしまった時も、破損さえしていなければ自分でつけ直すことができるでしょう。

多くのAndroidと同じように、Surfaceもメモリーカードスロットが搭載されています。
ぱっと見にはわかりませんが、スタンドを外すとMicroSDXCカードスロットが出てきます。
本体右側、画像で言えば下の方にありますね。





写真 4.jpg
と、ここまでは小手慣らし。
いよいよ内部を曝け出していきます。
















写真 5.jpg
ぱかっと2つに割ったところロジックボードとバッテリーが同時に顔を出しました。

ディスプレイ→ロジックボード→バッテリーという構成はiPadと同様ですが、バッテリーは裏蓋に固定された構造のようです。

そのユーザーの多さから普段iPadを分解する数が圧倒的に多いスマートドクターとしては珍しく感じます。

この構造ならバッテリーを交換するのにもそれほど手間がかからなさそうです。






__ 1.jpg
バッテリーも取り外して分解します。
バッテリーを外して気づきましたが、このサイズのタブレットとしては小さい部類です。

特別電池の容量が少ないということもありませんが、外出時は持ち運び可能な大容量バッテリーを持っておいた方が安心かもしれません。












__ 2.jpg
ロジックボードも分解。
基板部は2つに分かれていて、これもiPadとは違う部分になります。

画像にある部分がメインのロジックボード。
CPUなどメインの機能はすべてこっちが担っています。

もう一方、サブの方はカメラ類のパーツと接続されており、アクセサリー的な部分は小さな基板が動かしています。










__ 3.jpg
そしてバラバラに。
細かなパーツやネジの多さなどを考えても、分解難易度はiPadよりかなり高いと言えます。

ともあれ、今回の分解で内部構造は把握できたので、パーツさえあれば修理可能です。

日本では未発売のSurfaceですが、スマートドクターではこれからも新ガジェットに目を光らせていきます!

お見逃しなく♪



▲ PAGETOP