ステータスバーに日付や空きメモリを表示する事が出来るCydiaアプリ「StatusBarCustomClock4」


IMG_1584.PNGステータスバーに表示されていると見やすくていいですね〜。

「StatusBarCustomClock4」無料
※Jailbreak(脱獄)やCydiaアプリ導入は自己責任でお願いします。

早速導入していきましょう。

IMG_1586.PNGまずはデフォルトのままですと、こちらのアプリは入ってないのでこちらのリポジトリを追加しましょう!

リポジトリの追加方法はCydiaアプリ開き、画面下のManagaをタップ→画面真ん中のSourcesをタップ→
画面右上のEditをタップ→画面左上のAddをタップするとアドレスを入力をする場所が出てきますので、

「http://hitoriblog.com/apt/」

上記のアドレスを入力し、Add Sourceをタップする事で追加されます。

無事追加出来ましたら、StatusBarCustomClock4と検索する事で一番上に出てきますので、
インストールしましょう!
















IMG_1585.PNG
インストールが完了しましたら、設定Appに追加されているStatusBarCustomClock4の設定を開いてみましょう。

設定内容
・Refresh Interval
 設定した秒数に1回ステータスバーの表示を更新するか

・Date Format
 こちらに決められた英字を入力する事でステータスバーに表示される項目を決める事ができる
 設定方法
 FM - メモリ残量 
 TXT - 「Text File Path」で設定した文字が反映されます
 R - 六曜 六曜とは先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の事です。
 YY - 西暦の下2桁
 YYYY - 西暦4桁
 M - 月
 d - 日
 E - 曜日
 a - 午前 午後 の表示
 h - 12時間表示
 H - 23時間表示
 m - 分
 s - 秒
上記のこれら組み合わせる事で自由にステータスバーに表示させる事が出来ますよ♪
ただステータスバーに文字数が多くなってしまいますと、最初から表示されているものが消えていきますので
注意して下さい。
StatusBarCustomClock4で設定した表示が優先されます!

・Text File Path
 Date Formatに任意の文字を入力することで書かれた文字列を表示する事が出来ます

・Locale
 言語設定

かなり自由度が高く設定出来るので、色々試してみるといいかもしれないですね!
是非お試し下さい。



▲ PAGETOP