スマートドクターからスマートドクタープロへ

総務大臣登録のスマートドクタープロへ。

この度、スマートドクターグループの中から、総務大臣登録の店舗が誕生しました。
2015年4月に施行された「登録修理業者制度」。街の修理屋として初めて、
国の基準を満たすiPhone修理業者として総務大臣に登録しました。
街の修理屋から、総務大臣登録のiPhone修理業者に。
皆さんに分かりやすいよう店舗名を「スマートドクタープロ」に変更いたします。
総務省登録修理業者は法人ごとの登録です。スマートドクターは順次、総務省登録修理業者へ申請を行い、総務大臣の登録を取得し、スマートドクタープロへ名称を変更致します。

総務省 登録修理業者制度とは?

「登録修理業者制度」とは、現在スマートフォンを修理する第三者修理業者であれば登録するべきと思われる総務省(国)が定めた制度です。
2015年の4⽉に施⾏され、「登録済」及び「登録準備中」の業者を合わせても国内は数社のみ。今後登録がない業者は「闇業者・無登録業者」となる可能性があります。
登録修理業者とは?
  • 総務大臣の登録を受けた登録修理業者となる。
  • 法人、個人の大小を問わず、申請及び登録が必要となる。
  • 登録を受けた業者は政府が設けた一定の基準を満たした優良修理業者の証となる。
登録修理業者は、政府(総務大臣)の登録を受けたモバイル機器の修理業者。大企業でも、街の修理業者でも、モバイル機器の修理を行う場合はその企業・個人の大小を問わず必要です。
登録にはハードルが高いため、登録を受けた企業は政府が設けた厳密な基準を満たした修理業者となります。

登録修理業者に登録されるのは簡単なのか?

総務省に登録修理業者として登録されるには
数多くの高いハードルがあります。
それをクリアしたのがスマートドクタープロです。
申請には部品・修理内容・運営・安全管理・その他関連法律に渡るまで、多岐に渡り審査・検査が必要です。そのため書類も膨大な数となり、厳しい検査を経て登録済となるため、サービス内容・体制・時間・コストなど、多くの高いハードルをクリアしなければなりません。
そのハードルをクリアした街の修理屋さんがスマートドクタープロです。

未登録店舗のリスクとは?

未登録業者の修理サービスは、こんな危険性が...。
  • 電波法、電気通信事業法は、必須の守るべき法律。
    国の通達を無視している修理業者は違法修理を行っている。
  • 修理に使われているパーツの品質が一定の基準ではないものがある。
  • 修理技術において技術力がないスタッフが対応している。
  • お客様が違法改造端末の使用者となる。
  • 顧客情報など個人情報の漏洩リスクなどがある。
登録修理に必要な主な法律は「電波法」と「電気通信事業法」という2つがあります。これらの法律は修理業者であれば守るべきもので��

▲ PAGETOP