iPhone4S「充電出来ない ドックコネクタ故障」修理動画

iPhone4Sが充電できなくなる原因TOP5

  • 子供がiPhoneの充電部分を舐めてしまい、充電部分が錆びてしまった結果、充電ができなくなった。
  • 充電器を逆さま挿してしまい、端子が内部で折れ曲がってしまった...
  • 充電挿しこみ部分に大量のホコリが入っていることに気づかず、充電を繰り返していたら充電ができなくなった!
  • 市販で販売している車の充電器を使用していたのですが、純正と電圧が違うせいか突然充電が出来なくなってしまった。

こんな症状だとドックコネクタ故障の可能性があります

  • 充電が認識しなくなった
  • ドックコネクタが奥まで入らない
  • コネクタが錆びてしまっている
  • コネクタが焦げている
  • コネクタが変形している

iPhone4Sのドックコネクタ故障修理作業の流れ

  1. iPhoneを分解
  2. 仮組み状態で交換パーツに不具合が無いか確認
  3. ドックコネクタ取り付け
  4. iPhoneを組み上げ
  5. 充電、マイクの動作、その他の動作を確認

iPhone4Sのドックコネクタ故障修理の動画

iPhone4Sのドックコネクタ交換修理の実際の作業風景です。
ドックコネクタは、充電、マイク、スピーカー等々の機能を司る部分となっております。
乱雑に扱うと、ホームボタンフレックスケーブルを切断してしまう恐れがございますので、丁寧に作業する必要がございます。
スマートドクターでは年間4万件以上の修理実績を誇っておりますので、安心したクオリティで安全にお客様のiPhoneを修理させて頂きます。

iPhone4Sのドックコネクタ故障修理価格

iPhone4Sのドックコネクタ交換修理は6,800円にて対応させて頂いております。

スマートドクターで修理するメリット

iPhone4Sはバッテリーで駆動しています。
充電が出来なくなるということは、iPhoneが使えないという事と同じ事ですよね。
こうなってしまうといつバッテリー切れを起こすのかドキドキしながら使用しなければなりません。
充電が出来なくなってしまったらすぐに修理してしまいましょう!
そうすればそのドキドキともお別れです。
スマートドクターでは年間4万件以上の圧倒的な修理数をこなしており、修理スタッフの経験値は最高レベルであると自負しております。
修理前、修理後には全ての動作をお客様と確認し、問題が無いことを確認してから作業・お渡しとなります。


▲ PAGETOP